ミレニアムホテルアンドリゾートがサラーラに新しく5つ星リゾートをオープン

2018/09/21 10:08

 

ミレニアムホテルアンドリゾートがサラーラに新しく5つ星リゾートをオープン

 

オマーン南部ドファール県にあるミレニアムリゾートサラーラは、オマーン国内でグループ4つ目のホテル施設である

 

中東アフリカのミレニアムホテルアンドリゾートは、夏の観光が活発なオマーンのサラーラに、新しく285室の五つ星リゾートをオープンした。

 

ミレニアムリゾートサラーラは、グランドミレニアムマスカット、ミレニアムエグゼクティブアパートメンツマスカット、ミレニアムリゾートムッサナーに続く、このホテルチェーンではオマーン国内4番目のホテル施設である。

 

このグループは現在中東で35のホテルを経営している。さらに2018年末までに新しく11施設をオープン予定で、さらに40もの新たな施設を建設中である。

 

北サラーラのアル・サダダ地域に位置したこのホテルは、4つのレストランとカフェ、リゾートを横切る流れのゆっくりした川、周りに庭園がたくさんある淡水のプール、子供の遊び場、スパなど、様々な施設を備え、1000人の客を収容するよう建設された。

 

「この地域で ‘ アツイ ’ 旅行先、オマーンで、4つ目のホテルをオープンさせることができてとても嬉しいです。」中東アフリカのミレニアムホテルアンドリゾートのCOO、Kevork Deldelian氏はこう語った。

 

「グループにとって重要な旅行先であるし、我々も、大きな成功になるだろうと自信を持っています。」

 

 

https://www.arabianbusiness.com/travel-hospitality/404431-millennium-hotels-resorts-opens-new-five-star-millennium-resort-salalah

 

 

観光関連のニュースも大好きです。

なぜなら、わたしが、観光、大好きだから。

オマーンかぁ、行ってみたい……ドバイやアブダビも行ってみたいけれどオマーンも超魅力的です。なにがあるのかよく知らないけど。笑

 

中東地域アツイですね。かなりチカラを入れられています。

 

観光へのチカラ(カネ)の入れられ具合って、その地域の発展を示すかなり重要な指標ですよね。しかも観光だけじゃないし。

しかもミレニアムリゾートだし。

 

 

今日から大学が始まります。

いまのところ歴史や語学に対するモチベが高いので、(100%このブログのおかげ。) まじめに授業受けます。

 

4月病。9月だけど。

 

 

UAEが中東の大学入学前の私立教育部門の60%を占めている

2018/09/21 17:59

UAEが中東の大学入学前の私立教育機関の60%を占めている

 

K-12(幼稚園年長~高校卒業までの13年間の教育期間)教育機関の成長速度は、GDPの3倍の速さである

 

LEKコンサルティングの報告によると、有効な人口統計で、UAEは中東の大学入学前の私立教育機関の成長を先導していることがわかった。

 

上記の経営コンサルタント会社が今週末ドバイで開催されるIPSEF会議で発表するレポートによると、UAEにある学校が中東の市場で60%を占めている。

 

「ドバイの私立K-12教育機関は中東地域の成長の最前線に立ってきた。中東地域で最も学費の高い学校にも、この3年間で24,000人近く定員が追加されたし、この先も並ぶもののない市場の発展を経験するだろう。」

と、LEKコンサルティングのパートナー、Ashwin Assomull氏は語った。

 

UAEの私立K-12教育機関の定員はGDPの3倍の速さで増加していて、国内の教育部門に対し37億ドル以上の貢献をしている。

 

Assomull氏はさらにこう語る。

「有利な規制環境のため、消費者はお金を支払おうとし、国内外ともに前途有望な人口統計の結果、この地域でのK-12教育は非常に魅力的なものになっています。」

 

 

https://www.arabianbusiness.com/industries/404740-uae-accounts-for-60-of-middle-east-pre-collegiate-private-education-sector

 

 

中東地域での教育、これも興味があります。中東地域にかかわらず、自分の受けた日本の教育との違いを知ることはとても面白い。

次は内容まで踏み込んだ記事を読みたいと思いました。

 

UAE熱いですね。K-12という概念自体が、欧米の教育制度のものらしいのが、気になるところというか、ですよね、というところというか。

 

IPSEF会議という謎の会議が出てきました。

ググっても日本語での紹介や解説は一切なかったうえに、これが何の略なのかもわからない…。様々なことについて広く話し合う会議といった感じですかね。

https://ipsef.net/about

HPの内容を少し訳してみようかな。

 

GDPの成長速度どのくらいなんでしょうか。

35億ドルってUAEにとってどのくらいの大きさなんでしょうか。

 

気になるポイントたくさん。

「価格を下げろ」とトランプ大統領はOPECに言った

2018/09/20 15:37

 

「価格を下げろ」とトランプ大統領OPECに言った

 

・トランプはOPEC地域におけるアメリカの安全保障の役割について強調した

・この発言はアルジェリアで開催される石油生産者会合に先んじたものである

 

 

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、石油輸出国の中近東に米国の安全保障支援を忘れぬよう念押ししながら、水曜、OPECに対し原油価格を下げるよう要請した。

 

トランプ大統領は、開催が大いに待たれている、今週末のOPEC諸国とその同盟諸国のアルジェリアでの会合に先んじて、ツイッターで意見を示した。このツイートは、イランに対する石油制裁措置による再編成のために、価格が急上昇することを防ぐことを目的に、彼らに圧力をかけたものである。

 

「我々は中近東の国々を守ってる。我々無くして彼らは安全にはいられない。それでも彼らはさらにさらに石油の価格を上げ続けるのです!」こうツイートした。

 

「我々は忘れない。石油を独占しているOPECはいますぐ価格を下げなくてはならない!」

 

このような脅しにもかかわらず、OPECとその同盟諸国は、生産高の公式な増加に同意する見込みはない、とOPEC関係者の言葉を引用して水曜、ロイターが報道した。

 

OPEC諸国は、6月に、1日あたり約100万バレル(bpd)生産高を増加することに合意した。この決定は、OPECと同盟国が2017年以降、生産高を減らすという合意をしたことを一部の原因として、石油価格が回復したために、促された。

 

ロシアを含めたOPEC+として知られている石油生産国は、どうやって追加の100万バレルを枠組の中で配分するのか、見通しを立てるために、日曜にアルジェリアで会合をする予定だ。

 

OPEC関係者がロイターに語ったところによると、OPECに、検討されていない臨時総会を開くよう求める公的な行為に対する目下の計画は、立てていないとのことである。

 

トランプ大統領の発言以降、石油価格は下落した。ロンドンの昼過ぎの取引では、ブレント原油価格が1バレルあたり40セント安の79ドルになった一方、アメリカ軽質油は変わらず71.12ドルだった。

 

ブレント原油は、アメリカのイラン原油輸出に対する11月4日の経済制裁措置の導入によって、原油の国際需要が圧力を受けるという見通しで、80ドル前後で取引されていた。

 

中近東にイランの輸出を補填するどのくらいの余地があるのか、また何年もこの業界で投資不足であるその余地となる地域から、この先どれだけ簡単にオンラインで石油を購入できるか、これらを推測する分析結果によって、いくつかの国は導入前にすでにテヘランからの輸入を停止し始めている。

 

分析家たちは、石油価格は上昇し、アメリカの経済制裁措置の期日が近づくと、80ドルの壁を突破するのではないかと予測している。

 

「ブレント原油は、間違いなく、80ドルの壁が壊れるのを待ちながらこの壁と戦っています。」と、SEBの商品担当チーフアナリストのBjarne Schieldrop氏は語ったとロイターが報じた。「この壁はもうすぐに壊れるでしょう。」

 

 

http://www.arabnews.com/node/1375246/business-economy

 

 

中近東の国々にとっても、国際社会にとっても、非常に重要な原油、に関する記事です。

 

原油価格と世界経済全体が大きく関連していることは知っている(もはや聞いたことあるかなレベル)のですが、具体的にどういうことなのかを知らない、理解していないので、勉強します。

 

世の中色々ありすぎて…

これを俯瞰的に見れる人って本当にすごいですよね。脳みそ何個あるんだ。、努力の賜物なんですかね。

 

アメリカとイランに関する問題(特にトランプ大統領就任後)は根深く、様々な思惑によって加速し、様々な影響を生み出している。(というようなことを、大学の教授が言っていた気がします。笑)

 

中東現代史で、イラン革命やイランイラク戦争は大きな大きなテーマのひとつです。

というか、古代から現代まで、世界史上、イランはめちゃくちゃ重要な地域です。勉強してても楽しい。

 

さらに関係ないことですが、わたしの行きたい国ランキング5位くらいにいます(笑)在学中にいけたらと思っています。

 

原油関連の知識不足を誤魔化したコメント、バレバレですね…。これに関連する記事はたくさんあるのでもっと読みます!

アイルランド首相は、国境問題に関するブレグジットの協議には何も発展がないことを言った。

2018/09/20 3:59

 

アイルランド首相は、国境問題に関するブレグジットの協議には何も発展がないことを言った。

 

 

アイルランドのレオ・バラッカー首相は、今週水曜日、ブレグジット後のEUとイギリスでの、デアイルランド北アイルランドのデリケートな国境問題に関する協議に、半年間、全く進展がないことを言った。

 

EU28ヶ国の代表による会談のため、オーストリアに到着したバラッカー首相は、イギリスのテリーザ・メイ首相との国境問題になにか進展があったかどうか尋ねられた。

 

「いいえ。残念ながら進展はありません。我々が3月のときより撤退協定に近づいているとは思いません。だからわたしは残念ですが、なんの進展も報告できません。」

「我々はまだイギリス政府の作る新たな文書を得ていません。EU内で誰も納得のいくような終着点が見えていないのです。」

 

「いまのところはなんの進歩もありませんが、我々は撤退協定に向けて動き続けていきます。個人的な見解としては、だいたい10月頃には合意へと至るよう、我々は本当に努力して働かなくてはならないと考えています。11月や12月まで先延ばしになる様子は見たくありません。」

 

バラッカー首相は、イギリスは最終的にはこの問題に対する態度を変えねばらない、と言い、さらにこう言った。

「もしなんらかの良識が生み出されていたのなら、過去2週間の間でなんらかの進歩があったはずでしょう。でも残念ながら、実際にはなにもなかったのです。」

 

しかし、バラッカー首相は、イギリスがEUを離脱する3月、離脱条件や将来関係を規定する協定なしに、この協議が決裂することも、なんの取引もないまま終わるよう進んでしまうことも、考えていないと言った。

 

https://www.reuters.com/article/us-britain-eu-varadkar-progress/irish-pm-says-no-progress-in-brexit-talks-on-border-issue-idUSKCN1LZ2LF

 

 

イスラムまーーったく関係ないですが

先日Brexit少し関係する記事を読み、その影響についてもう知りたいと思ったので。

 

この記事だけではほぼほぼなにもわかりませんでしたが…

アイルランド北アイルランドの問題は、というか、イギリスの国土の問題は、ずーーっとありますもんね……

果たしてどう着地するのか。そもそもどういう協定なのか。撤退協定と訳しましたが、だとしたらめちゃくちゃ大きな変化になりますよね?!

 

無知がバレバレである。…笑

 

ブレグジットに関する情報もう少し取っていきたいと思います。(日本語版ロイターにたくさん記事がありました。)

サウジアラビアの公的投資基金(PIF)が110億ドルの貸付金を調達

2018/09/17 13:55

 

サウジアラビアの公的投資基金(PIF)が110億ドルの貸付金を調達

 

銀行からの強い関心のため、貸付金は当初の予定よりも大きい金額になった。

 

 

サウジのソブリン・ウェルス・ファンドは、はじめての借入で、110億ドルを調達した。

 

貸付金は、銀行からの強い関心のため、当初の予定よりも大きくなった。またこの資金は、PIFが将来取引するコアバンキンググループを設立するために使われることが、声明で発表されている。

 

「ローンの組込と債券発行はPIFの長期資金調達戦略の最初の段階です。」

PIF取締役のYasir Al-Rumayyanは声明でこう語った。

 

ゴールドマンサックスグループやHSBCホールディングスJPモルガン・チェースなどを含む世界的に巨大な貸し手がこれらの貸付金を提供した。貸付金の利回りは、LIBORよりも75ベーシスポイント(bp)高くなっているか、あるいは手数料を含めてもたった90ベーシスポイント(bp)足りないだけだ。と、このことについて詳しい人々は先週このように言っていた。

 

UberやTeslaへ投資をしているサウジの公的投資基金は、借入計画を実行するため、企業金融と企業財務のトップとして、バンクオブアメリカ・メリルリンチの元取締役、アリレザ・ザイミ氏を雇った。また会談では、化学メーカーのサウジ基礎産業公社へのPIFの投資を、石油大手のサウジアラムコに引き渡すことが言われた。

 

https://www.arabianbusiness.com/banking-finance/404447-saudi-arabias-public-investment-fund-raises-11bn-loan

 

 

日本語でもわからない単語がたくさん出てきました。

 

ソブリンウェルスファンド

どこのファンドだよ、って思いました。笑

中東のいくつかの国に巨大なSWFがある(石油で)ようなので、関連した記事読んで理解を深めねばっ。

 

LIBOR

ちょっとググって、ロンドン銀行間取引金利 のことで、資金調達コストなどの基準になるものだということがわかりました。この記事でも実際指標として挙がってますね。この先も何回か見かけることになりそうです。覚えとこ。

 

ベーシスポイントbp

ググったら一発。笑 そんなことかーい!!それでも知らなくちゃわかるものも分からなくなりますからね、覚えます。

 

アラブ系の人名

日本語に直すの難しすぎ!アラビア文字をアルファベット表記(?)にするのは簡単なのですが…。

 

 

そもそものバックグランドを知らないためか、訳すのにめちゃくちゃ苦労しました、笑

同じ内容の別の記事を読んで、2つを照らし合わせて、やっと理解した感じ…

 

理解できてるのかな?合ってるのかな?なんとも言えない。

 

 

もうひとつのロイターの記事

こっちのほうが読みやすい説あり。

https://www.google.co.jp/amp/s/mobile.reuters.com/article/amp/idUSKCN1LX0JC

UAE、176億ドルをハラル観光に費やす

2018/09/15 

 

UAE、176億ドルをハラル観光に費やす

 

UAEは世界一のハラル観光国だ。報告書によると、2017年、UAEに暮らす人々はおよそ176億ドルを外国で使用した。またドバイ商工会議所の分析によると、UAEに続きサウジアラビアクウェートがそれぞれ2位と3位に位置している。

 

マスターカードと世界旅行ツーリズム協議会の最新のデータによると、2017年に、サウジの人々は161億ドル、クウェートの人々は104億ドルを観光に使っている。

 

UAEは、競合しあうビジネス環境や広く多様な観光活動、進んだ情報通信技術の普及、世界基準の飛行機インフラなどのいくつかの要因のために、ムスリム旅行者の選り抜きの目的地と名付けられた。

 

これらの分析結果は来月ドバイで開催される世界イスラム経済会議(GIES)2018に先立って発表された。GIES2018はイスラム経済に関する世界最大で最も包括的な評議会である。影響力のある政策立案者や専門家たちを世界中から集め、イスラム経済における重要な課題や機会などについての手段を講じる。

 

このハイレベルな評議会は、戦略的パートナーとしてのトムソン・ロイターとともに、ドバイ商工会議所とドバイイスラム経済開発センターが共同で組織している。

 

調査結果によると、世界のムスリム旅行者による支出は現在およそ1800億ドルである。この数字は2020年までには2000億ドルになると予測されていて、ムスリム旅行者の数もいまの1億3千万人から1億5千万人にまで増加すると見込まれる。

 

2017年では、ムスリム旅行者1人当たりおよそ1374ドルを旅行に使用している。この取り組みではこれを2020年までには1410ドルまで引き上げるよう計画されている。

 

ドバイ商工会議所のマジッド・サイフ・アルグレア議長はこう語る。

「ハラル観光は、発展し多様化している世界イスラム経済の継続的な成長を支える主要な柱です。来たるドバイでのGIESは、この急速に変化する分野の出現に関する新たな機会と課題について、よりよく観察する絶好の機会になるでしょう。」

 

https://financialtribune.com/articles/travel/93534/uae-spends-176b-on-halal-tourism

 

 

ハラル観光。

ムスリム観光客の特別な習慣に合わせた観光、イスラム教で必要とされるサービスの提供のこと。

いわゆるハッジ(巡礼)とは別物です。

例えば日本に来てハラルレストランで食事をしたり、礼拝の設備を使ったりすることがあたります。

 

日本はどのくらいなんでしょうね。すごく低そう…。

 

UAEの人々が外国で使ったお金についての記事だと思って読んでいたら、UAE国内のインフラ整備など言及していて、ちょっと混乱しました。笑

英語の理解が間違っていたかもしれません…。

 

先日読んだ記事はGIFS(Fはフィンテック)でした。GIESもあるんですね。

 

地域とかじゃなくて、宗教でひとつの経済圏ができるってすごいことですね。

 

日本が、より多くのムスリムが観光に訪れる国になることを願います。世界はどんどん狭くなってるんだから

 

LGBT ー友好的なベルリンのモスクが、ムスリム青年を非急進化させた③

2018/09/12 9:19

 

LGBT ー友好的なベルリンのモスクが、ムスリム青年を非急進化させた③

 

幸せ

 

サラックがイブン・ルシュド・ゲーテ・モスクでの礼拝を始めるようになった昨年末から、過激派の友達たちは彼を受け入れなくなった。一方でそのモスクは、より自由なイスラムのあり方を探求する機会を提案した。

 

このモスクは、トルコ出身のフェミニスト弁護士セイラン・エイツが、2017年11月に立ち上げた。ここでは、男性と女性が一緒に祈ることが許されている。

 

「われわれはここを、全てを受け入れるモスク、だとみなしています。」ベルリンで、イマームのスージー・デヴィはトムソン・ロイター財団にこう語った。

 

「ここにはホモセクシャルに対する嫌悪感を示すような態度は一切ありません。」

 

しかし、リベラルなムスリムの人々の間であっても、ネガティブな反応を示す人はまだまだいる、と彼女は言う。

 

「例えば、わたしはレズビアンの友人をムスリムの友人に紹介したところ、とても仲良くなりました。これでムスリムの態度も変わるだろう、と思いました。しかし結局変わらなかった…。おそらく時間がかかるのでしょう。」

 

このモスクは最近、ドイツの学校に通う学生向けに、非急進化のためのワークショップを開催しはじめた。

 

デヴィはこう説明した。「大切なのは、人々の心をより自由なイスラムへの理解に向かわせることです。例えば、男性に従属している伝統的なイスラム女性像とは全く異なる女性の姿を示すなどします。女性のパイロットなどが挙げられます。」

 

このモスクはサラックに、LGBTムスリムが自分と同じ過ちを繰り返さぬようにするチャンスを与えている。

 

「あちらこちらに、かつてのわたしと同じように自分自身を隠して生きているゲイのムスリムが100%いるということ、確信しています。無神論者になった人の中にも、タリバンアルカイダなどの軍事組織の戦闘員になった人の中にも。」

 

「もしあなた自身の中で矛盾があり、それらが衝突しているのなら、「あなたは地獄へ落ちるでしょう。」と告げるような団体に耳を傾けたとて、全く意味がないのです。」

 

「ゲイのムスリムたちが幸せになってほしい、と願うならば、ただ心を開いて、そして彼らがムスリム共同体の一部に属しながら、ゲイとして幸せに生きることを認めればよいのです。」

 

 

https://www.salaamgateway.com/en/story/lgbtfriendly_berlin_mosque_deradicalizes_muslim_youth-SALAAM13092018031044/

 

 

 

3回に分けて訳した記事もこれで終わりです。

 

思っていた以上に、色々と学びを与えてくれた記事でした。

 

リバー問題はうまくごまかしているけれど、こう人間そのものに関する規律というのは、どうしようもないのですかね。

 

このモスクへの批判ももちろんあるのでしょうね。

 

どちらにも正義があるからこそ生じてしまう問題、たくさんたくさんあるじゃないですか。

批判する側の正義もちゃんと知りたいと思いました。

 

イブンルシュドゲーテモスクに関する日本語の記事があったので載せておきます。

http://www.afpbb.com/articles/-/3133201?act=all&pid=19112947&page=1