カイロのイタリア人アラビア書道アーティスト

2018/10/31

 

カイロのイタリア人アラビア書道アーティスト

 

イタリア人の Antonella Leoni さんは、現在カイロで開催中の、2年に一度開かれる地中海文化の公式な評価の場、アートアンドカリグラフィー国際展覧会の名誉ある9人のゲストのうちの1人である。

 

イタリアのエミリア州の生まれで、エジプトの首都に住むこのアーティストは、イタリア人としてはじめてこの賞を獲得した。11月3日までカイロのアートの宮殿で作品を展示している。

 

このイベントのウェブサイトで紹介されたほかの「名誉あるゲストたち」は、中国やチュニジア、ヨルダン、クウェートポーランドレバノンアルジェリアパレスチナから迎えられた。インドネシアバングラデシュのアーティストの作品も一緒に展示されている。

 

Leoni さんは、ロンドンのロイヤル・ホロウェイ大学でオリエンタルアートの学位を取得した。大学では主にイスラーム世界の装飾芸術を集中して学んでいた。

 

古代のテクニックを使いマーブル紙に抽象的な絵を描くこのアーティストは、カイロのアカデミーでアラビア書道の学位を取得するために活動している。

 

「神は美しく、美しいものを愛する」という言葉は、ハディース(預言者ムハンマドの言行に関する短い叙述)にある一節だ。彼女がアラベスク模様で美しい装飾を施したハディースが展示されている。

 

このアーティストは''Kaf HaYa 'Ain Sad''(كهيعص) を書道の題材にしている。

「これは、クルアーンマルヤムの章に出てくる最初の5文字の単語で、その意味がいまだにわかっていないものです。」

彼女はANSAメディアに対し、クルアーンの一節を引用して語った。

 

「これらはマーブル紙に書かれており、マルヤムの純粋な愛を表現する抽象的な白いハートを一緒に描いています。」

 

書道という芸術はイスラームで重要視されており、しばしば「イスラーム書道」と定義される。

 

この展覧会には、Sayed Ibrahim氏の53作品など、アラビア書道界の著名な作家が作品を提供している。

 

 

http://www.ansa.it/english/newswire/english_service/2018/10/31/italian-artist-at-cairo-arabic-calligraphy-biennial_2ad8c5cf-b836-4318-adcf-2dd368f1aec1.html
   

 

 

アラビア書道!!!!!!

 

わたしがいまいちばんできるようになりたいこと!!!!!!

 

伝統的な手法を用いて、文字を装飾として使うということ。伝統的というと保守的な感じがしてしまうけど、長い時間をかけて常に発展してきたその積み重ねが詰まってる。

 

大学の卒論のテーマにもしたいし、自分でも書けるようになりたい。

 

と、いうものなのでついテンションが上がってしまいました。

 

本来は、クルアーンの一節を美しく書くために発展したのですが、いまはアートのひとつとしてロゴに使われたりしてて…

 

そういう伝統文化の現代に即した継承って外国人の心に響くのですかね。日本の伝統文化が好きな外国人ってたくさんいるし。

 

 

 

 

なによりアラビア書道なら、日本で第一人者になれるかもしれないということを考えています。

この人もイタリア人としてアラビア書道の第一人者になったんだろうし。

 

 

よーし、アラビア語がんばろーっ。

カショギ氏殺害事件:サウジアラビアの検察官は5人の容疑者に対し死刑を検討している

2018/11/15

 

カショギ氏殺害事件:サウジアラビアの検察官は5人の容疑者に対し死刑を検討している

 

検察官によると、殺害に関与したとされる21人が拘留されている。

 

 

サウジアラビアは、ジャーナリストのジャマル・カショギ氏殺害を指示、実行した罪で、5人のサウジ市民に死刑を検討していると宣言した。しかし、その5人のうちの誰の名前も明かされず、カショギ氏の遺体の行方もわかっていない。

 

サウジのニュースメディアは検察官の言葉を引用し、10月2日、11人の容疑者がワシントンポストのコラムニストを殺害した罪で告訴され、ほかの拘留中の10人は調査中で、計21人が事件に関与している疑いが持たれている、と報道した。

 

「検察官は殺害を指示、実行した5人の容疑者に対し死刑を、また他の人には適切な判決を下すよう求めています。」

 

警察当局者と空港交通情報を引用したトルコのメディアは、カショギ氏殺害とその後の隠蔽に関与した疑いのある20人のサウジ市民の名前を挙げた。しかしサウジはまだ誰の名前も明かしていない。王国の実質的支配者、ムハンマド・ビン・サラマーン皇太子の2人の代理人は、この事件の結果降格させられた。西欧とトルコのメディアによって名前を明かされたその1人は、33歳の王位継承者の側近である。

 

アンカラ政府は恐ろしいカショギ氏殺害に関して、サウジアラビアの最高権力に対する非難を行なっている。トルコ当局は、カショギ氏はイスタンブールのサウジ領事館で殺害されたのち、バラバラにされ、酸漬けにされたと主張した。

 

今週のはじめ、トルコメディアは、サウジの一団が民間のジェット機を使ってイスタンブールを出発した際の写真を公開した。彼をバラバラにするのに必要な骨用ノコギリは見つからなかったものの、注射器や電気ショック装置、メスに似たナイフなどの、道具が、カショギ氏殺害のために運ばれたとされる。

 

ニューヨークタイムズは火曜日に、サウジの殺害団のメンバーだとされる名前のわからない職員が、カショギ氏殺害後、リヤドに電話して「ボスに伝えろ」と言った録音音声を引用した。ボスとは、殺害を指示したことを広く疑われている皇太子のことである可能性がある。

 

サウジ当局者と西欧の連携者らは、リヤドと、世界各地の支援者との関係をこれ以上悪化させないために、録音音声のこれ以上の流出を止めようとしている。月曜、カナダの首相ジャスティン・トルドー氏は、オタワの情報関係者が録音音声を聞いたことを明かした。 一方ドイツ政府な広報官は、カショギ氏に関する情報をアンカラとベルリンの間で共有していることを認めた。

 

 

https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/khashoggi-murder-saudi-arabia-death-penalty-suspects-public-prosecutor-turkey-a8634736.html

 

 

いまだに日本でもニュースになっていますね。

皇太子本人には触れない模様。バレバレなのにだれも公言しなければそれはそれでいいらしい。

権力も、利害関係も、おそろしい。。

 

バラバラとか、酢漬けとか、こわすぎる。。。

 

 

もう少しでイスタンブールに行くので、領事館の前を通ってみたいな〜。テレビとか雑誌とか新聞とか、現地でたくさん見てきたいと思います。

ヨーロッパはイスラームへの提案を選択している②

2018/11/13

 

ヨーロッパはイスラームへの提案を選択している②

 

 

メルケル首相のスピーチの2週間前に、見かけ上であってもヨーロッパ人権裁判所(ECHR)の判決によって保障された不可避の現実であるならば、憂鬱なことである。10月25日、ECHRは管轄内の47のヨーロッパ諸国で、オーストリア人の上訴人を否定し、「宗教上の平和」と「相互寛容」が言論の自由よりも重要であるという規則を定めた。

上訴人はセミナーの中で、ムハンマドが6歳年上の女性と結婚したかどうかは、この場合、小児性愛だと規定されるのかどうかと尋ねた。法廷は、この規則に従うと、それがイスラム教の批判を禁じるという明確な意味を持つ事実に基づいた根拠かどうかは関係なしに、ムハンマドの中傷は認められないものだと宣言した。

 

シャリーアは民主主義に対応しておらず、イスラームキリスト教徒やユダヤ教徒への攻撃のようなことさえも疑問視することから免れてしまうように、うまく正当化し広く実践されてしてしまっている。同裁判所は2001年にシャリーアをこのように評価したのだが、この判決はその評価をひっくり返してしまい、影響が出ている。

実用的な意味を理解するために、1990年のカイロイスラーム人権宣言(CDHRI)を振り返ることが役立つだろう。この宣言には、イスラム協力機構(OIC)の全57のメンバーが賛成した。

そこでは、国際的に受け入れられていた人権の定義を明白に否定し、中世の蒙昧主義的なシャリーア(イスラーム法)に基づいた定義をした。コーランの次段階にあたるシャリーアは、差別やキリスト教徒やユダヤ教徒への暴力を命じ、ムハンマド後のアラブ帝国主義の利益になるように人為的につくられた。

 

偽造されたイスラーム嫌悪のもとで、イスラームの不寛容についての最も過激な表現に関する批判を行うイスラーム至上主義者たちを追放することは、長い間究極の目標だった。

彼らは現在、ヨーロッパ「人権」裁判所の助けを借りて、その目的を達成するための道を進んでいる。

 

 

https://www.americanthinker.com/blog/2018/11/europe_opting_for_submission_to_islam.html

 

文章がながっだるくて難しかった。

途中からイライラしてきて、ちゃんと訳そうという気がなくなってきて、適当になってきてる…

 

前半部読んだ時点ではわたしこの筆者のことを勘違いしてました。

 

すんごいイスラムフォビアが伝わってくる。

 

ナチスを引き合いに出したのも、わたしが思ってたのとちょっと違う意味だったんじゃないかな!?

 

ヨーロッパ人権裁判所の判決もどんなのだったか知らないし、全貌がわからないから、この文章がどのくらい偏って書かれたものかわからないけど。

皮肉っぽい書き方にも腹が立ってきた。

 

こういう考え方をする人が政治家やメディアの中にもたくさんいるんだろうなぁ。

 

半端ないイスラムフォビアに触れてしまいました。

流し読みだと皮肉っぽさがわからんかったなぁ、悔しい。

ヨーロッパはイスラームへの提案を選択している①

2018/11/13

 

ヨーロッパはイスラームへの提案を選択している①

 

 

一見したところ関係していない、ここ20日間のうちにヨーロッパで起こった2つの出来事が、ヨーロッパ文明のゆっくりとした自殺と表現するしかない事柄を示している。

11月9日、アンゲラ・メルケル首相はベルリンで「水晶の夜事件(クリスタルナハト、のちにポグロムナハトと改称)」から80周年のスピーチを行った。

この1938年の出来事は、1400のシナゴーグや数百ものユダヤ系の店の計画的な破壊、3万人以上のユダヤ人の国外追放と強制収容所への連行などをもたらした、ホロコーストの始まりだと考えられている。しかし、ナチスの歴史に詳しい人に言わせてみれば、不吉な兆候はそのずっと前からあった。

 

ヒトラーユダヤ人に対し思っていたことは彼の「我が闘争」に詳しく書かれている。それはのちに1935年9月に、ユダヤ人をドイツ社会から締め出し、彼らが公的に会社を持つことやドイツ人と結婚することを禁止し、国籍のない追放人として自国にいなくてはならないようにした、ニュルンベルク法という形で実現された。

イギリス労働党党首のジェレミー・コービンなどの現代のホロコースト懐疑派やアンチセム族の人に確信させるかのように、言い逃れの余地なく、ヒトラーは自分の軍事力を使ってユダヤ人を絶滅させる計画を、1939年8月22日のオーバーザルツベルクのスピーチで詳しく語っている。

「いったい誰が、アルメニア人の全滅の話をしているんだ」彼は言った。

 

メルケル首相のスピーチの要点は、おぞましい歴史上の事件に関することよりもむしろ、西ヨーロッパでいま広がっている敵意に満ちたアンチセム族の流れや、ムスリムディアスポラコミュニティの全地域に渡る割合を当然と思うことについてであった。

これによって彼女は賞賛されるだろうが、彼女が200万人のムスリム移民を招いたことで、アンチセム族の急増が引き起こされ、移民も批判にさらされているということへの言及を忘れたことは、無礼であった。彼女はまた、統合を求めていないことがわかった移民たちをも受け入れることを東ヨーロッパに強制することで、自分の恐ろしい政策を停止しなかったことについての言及もしなかった。

メルケル首相の評判は落ち目になってきているが、ドイツのシナゴーグユダヤビジネスが、いまフランスでそうなりつつあるように、兵士によって守られなくてはならなくなる日はそう遠くはないだろう。

 

 

https://www.americanthinker.com/blog/2018/11/europe_opting_for_submission_to_islam.html

 

 

前半部では、ユダヤ人とナチスについて述べ、かつての排他的風潮を思い出させています。

 

記事のメルケル首相に対する皮肉っぷりがすごい。そういう言い回しがうまく日本語で表現できないのがもどかしい、皮肉っぷりがすごい。

言葉って奥深いなぁと。それがわかるくらい英語出来るようになってよかったなあって。

 

 

まえなにかのテレビ番組の特集で「いま世界の状況が第一次世界大戦後と似ている」的なことをやっていました。

でもこれって、「その時の状況と似ているからまた大きな戦争が起きてしまうだろう」という意味ではなくて、「その時の状況と似ているけどわたしたちは一度その後の展開を経験しているから同じ過ちは二度と繰り返さない」という意味ですよね。

お偉いさんたち、超基本なことなんだから、このくらいの歴史は勉強してくださいね。

 

 

イスラーム年金法案成立のスピードアップを議会が促した(ケニア)

2018/11/13

 

イスラーム年金法案成立のスピードアップを議会に促した(ケニア)

 

 

CPFファイナンシャルサービスは、ケニア国内に多くいるムスリムと非ムスリムに対する年金型商品の規則についての、2017年の年金体系法案に関する話し合いを始めるため、国会を訪問した。

 

国家労働者年金基金は、金曜、議会多数派のリーダー、アデン・デュエール氏と共に、速やかに議論を行うよう抗議した。法整備がされてないことで、いくからのムスリムが自身のイスラームの信仰に従って金融商品に投資するなどの行動から締め出されているという議論に基づく。

 

「我々は既に、現在議会での議論が待たれている法の草案を手にしています。議論を始めるのが早ければ早いほど、いまこのような重要な金融手段から締め出されている多くの人がよりはやく自分自身に誇りを持つことができるようになるでしょう。」

CFPグループの取締役、Hosea Kili 氏はこう述べた。

 

「議会が休会後すぐ議論に着手することを望んでいます。」

年金体系法案にも含まれている、新たなシャリーア適格年金型商品(Salih)が動き出していたとき、Kili氏はこう言った。

 

この法案は現在委員会の段階にある。また、全てのケニア人に対し必須年金の支給を施行する一方で、同時にムスリムに、利子(リバー)、またアルコールやギャンブルのように宗教的約束で認められていないものへの投資を禁止しているシャリーア適格な年金型商品を提供している。

 

規制の抑制と均衡が保たれていると認められたら、この法は、業界を統一し従来の金融サービスの独占に挑戦することで、イスラム債(スクーク)発行における国の努力を高めたように、国内の金融市場を大きく開くことができる、そして、保険と年金の普及率をさらに高めることができる、とデュエール氏は語った。

 

 

http://www.mediamaxnetwork.co.ke/484626/speed-up-islam-pension-bill-house-urged/

 

 

なんと、ケニアのニュース記事です。「This country」がケニアな記事を読む日が来るとは思いもしませんでした。笑

 

キリスト教がメインなイメージでしたが、1割ほどはムスリムがいるようです。

 

年金型金融商品

気になるポイント

 

金融業界にあまり興味がなかったのですが、興味ある無しはそれなりに知った上で判断しなくちゃいけないなあと最近つくづく思います。直感で判断する自分とそろそろさよならしなくては!

 

エジプトで猫のミイラを埋めた墓が新たに発見された

2018/11/11

 

エジプトで猫のミイラを埋めた墓が新たに発見された

 

 

エジプトの考古学者らは、古代エジプト時代の7つの墓を首都カイロ付近で発見した。そこには、他の動物や鳥を描いた木製の像とともに、いくつもの猫のミイラが埋められていた。

 

内閣府の担当者、Mostafa Waziri氏は、サッカラでの発見ではさらに、その地域でははじめて見つかったスカラベのミイラがあったことをレポーターに伝えた。

 

見つかった像のなかで猫が多数派だったことは、当時信仰されていたバステト神のモチーフである猫への崇拝を反映している。

 

他の像は、ライオン、牛、タカが彫られていた。

 

エジプトは新たな史跡発見の調査を進めている。いまもまだ、2011年にムバラク長期政権を壊滅させた動乱に伴い衰退してしまった観光業の回復につながることを願っている。

 

https://www.expressandstar.com/news/viral-news/2018/11/11/egypts-newly-discovered-tombs-contain-cat-mummies/

 

ミイラの写真もがっつりうつっているので是非。グロい…

 

世界のいろんな地域で、都市化した土地に実はまだたくさんの遺跡が埋まっていてもおかしくない。

 

ワクワクしますね。

 

ヨルダンの洪水による犠牲者は12人になった

2018/11/10

 

ヨルダンの洪水による犠牲者は12人になった

 

ヨルダンは家が浸水してしまった人々に対し避難所を開設した。

南ヨルダンを旅行中だった2人のイスラエル人に話を聞いた。

 

土曜、ヨルダンの洪水によって少なくとも12人が亡くなった。レスキュー隊はヨルダン中心部にあるWala貯水池の周りで、行方不明者の捜索を続けている。

 

金曜日の洪水はヨルダンのさまざまな地域を襲った。ヨルダン王国で最も人気の観光地、ペトラ遺跡は、地方当局曰く過去数十年でいちばんひどい大洪水に襲われ、その後の清掃のため公開を取りやめた。

 

南町のマアーンでは、当局が家が浸水してしまった多くの人々に対し避難所を開設した。

 

ヨルダンのメディアと、ヨルダン政府の広報官Jumana Ghuneimat氏によると、2人の子供と、救援活動を行なっていたダイバー1人を含む全部で12人が亡くなった。

 

イスラエル外務大臣は、ヨルダン南方のワディ・ラムを観光中だった2人のイスラエル人と連絡を取ったと述べた。死海のすぐ近くにあるジュデアン砂漠を大洪水が襲った金曜、4人のイスラエル人が救出された。その中の1人が軽傷を負っていた。

 

この激流は、21人(ほとんどが子供)が亡くなった死海付近の突発的洪水から2週間後に発生した。観光と教育の大臣はこの洪水のため辞職した。

 

スペインの観光客Rafael Doradoさん(41歳)によると、古代の貿易の中心地で、バラ色の岩に彫刻が施されているペトラでは、金曜の午後1時過ぎから40分間ほどひどい大雨が続いたそうだ。

 

午後3時ごろ、激流が急斜面と狭い峡谷を通りその地域に流れ込み、数分で洪水を起こした、と彼は言う。

 

Delgado さんは、丘の頂上にある寺院からこの洪水を見ていたが、周りの観光客はより高いところへ先を争って登っていた。観光客はトラックで運ばれたり、自力で歩いて脱出したりしていた。

 

ペトラ遺跡の主任管理者Suleiman Farajat氏によると、土曜いっぱいは遺跡の閉館は続くが、日曜には再開できる見込みだそう。これほど強烈な洪水をこの地域で見るのは初めてだと言った。

 

「本当に、怖いというよりも、この洪水の大きさにとても驚きました。」

 

 

https://www.haaretz.com/middle-east-news/jordan/death-toll-in-jordan-flash-floods-rises-to-11-1.6637131

 

 

ヨルダンの洪水のニュースです。ヨルダンって、国のかなりの大部分が砂漠な国なので、そこでもこのような災害が起こるということに驚きました。そこまで雨が降るというイメージもないし…

 

対策も手薄だったかもしれません。手薄でしょう。家のつくり自体日本の基準で見るものではないでしょうし…行ったことないのでなんとも言えないですが。

 

日本は毎年それなりに強い雨が降るので、耐性がものすごく強いと思います。家も災害に強くつくられてるし。

日本の建築技術って世界的にどのくらいの基準なのかなぁ。海外でも参考にされてたり応用されたりしてるのかなぁ。

 

 

「エジプトはナイルの賜物」というヘロドトスの超有名な言葉を思い出しました。